笑顔の男性

シルデナフィルは医療用医薬品になります。
ED治療薬の有効成分として主に使われています。
日本では医者の処方箋なしでは手に入れるのは非常に難しいです。
最近はインターネットによる個人輸入によって手に入ることがあります。
ぜひED治療薬のバイアグラを個人輸入して効果を確かめてみてください。
ただし個人輸入で手に入れたシルデナフィルについては、日本で販売されているものと全く同じ品質とはいえません。

シルデナフィルは血管を拡張させることによって、血流を良くする作用があります。
そして陰茎近辺の血流が良くなることによって、勃起を促す作用が知られております。
血管の拡張は陰茎の近辺だけでは起こらず、脳の血管を通じて身体中のあっちこっちで発生します。
身体のあっちこっちの血管が拡張しますので勃起不全だけではなく、
慢性心不全や肺高血圧症などと言ったほかの病気にもシルデナフィルは使われます。

ただし、心臓が弱い人がシルデナフィルを服用した場合、血圧が急激に低下したり心臓への酸素供給に異常が発生して、そのまま死に至る場合があります。
これは心臓が弱い人だけではなく、どんな人でも発生します。
心臓が弱い人はこれらの副作用がより発生しやいと言えます。
シルデナフィルの作用機構は、ニトログリセリンのような硝酸製剤と同じ様な作用機構になります。
服用によって、生じた急激な血圧降下が発生した場合、いったい何が原因で発生したかものなのか発生原因をしっかり確認しないと副作用発現時に、間違った対応を行ってしまいます。
もしかしたら間違った対応によって死に至るケースの方が多いと言えるかもしれません。

滋養強壮に効果があると言われるサプリメントや栄養ドリンクにもシルデナフィルそのものや、シルデナフィルと同じような成分を含まれていることが多いため気をつけてそのようなサプリメントを利用しないといけません。

記事一覧
狭心症になる人の特徴

狭心症は、心臓の血管である冠動脈の血流が不足することによって、心臓の筋肉が酸素不足になるために起きる病気です。 その原因にはいくつかがありますが、一般的なタイプとしては、冠動脈の動脈硬化によって血管が狭くなってしまい、血流をせきとめてしまうというものが挙げられます。 このタイプでは、スポーツをしたときや、階段や坂道を登ったとき、急ぎ足で歩いたときなど、心臓に負担がかかる行為によって、胸の中心あたりが急にしめつけられるような痛みを覚え、少し休めばその痛みは治まります。 こうした狭心症になりやすい人には特徴があるといわれています。 例えば、糖尿病、高血圧、高コレステロール血症など、いわゆる生活習慣病にかかっている人がまさにあてはまります。 また、肥満、運動不足の人、ヘビースモーカーなども関連しているとされており、いずれにしても、毎日の体によくない生活習慣の積み重ねが、こうした狭心症のリスクを高めているといえます。 ED治療薬の成分であるシルデナフィルは、実は狭心症治療薬開発の過程でたまたま発見されたもので、ごく弱いものの、血圧を下げる効果も確認されているものです。 そのため、狭心症の人が発作を止めるために使用している硝酸薬、例えばニトログリセリンのようなものとシルデナフィルを併用するのは禁忌とされています。 硝酸薬には飲み薬のほか、スプレー、貼り薬、舌の裏で舐めるタイプの薬などもありますが、どのようなタイプであっても併用は認められません。 もし、このシルデナフィルと硝酸薬をいっしょに飲んでしまった場合には、有効成分が互いに効果を高める作用がはたらいて、急速に血圧が降下してしまい、人体に危険が及ぶ可能性があるからです。

2019年08月27日
狭心症の治療薬と開発されたシルデナフィル

シルデナフィルは、1998年にアメリカ大手製薬メーカーのファイザーから発売された、世界初のED治療薬・バイアグラに配合されている有効成分です。 このシルデナフィルという名前を冠したジェネリック医薬品などもその後他社から発売されているので、現在ではかなり入手する機会にも恵まれるようになりました。 このシルデナフィルには、血管の平滑筋とよばれる筋肉の収縮にかかわる酵素のはたらきを阻害する作用があるため、服用によって性器まわりの血管が拡がり、EDが改善されるのです。 シルデナフィルのED治療効果は、実のところ新薬開発の過程で偶然に発見されたものです。 もともとはファイザー社で狭心症の治療薬として開発していたもので、服用したときに血圧にどのように影響するかが注目されていました。 ところが、臨床試験の過程で、本来期待された効果はかんばしくなかったものの、EDのさまざまな症状が解消されるという、思わぬ効果が確認されたため、その後に研究を重ねて、ED治療薬としての製造・販売に至ったものです。 また、同じシルデナフィルを含有する製剤として、肺動脈性肺高血圧症を効果・効能としているものもあります。 これもメカニズムじたいは同じですが、肺の動脈血管の血圧が高くなる病気に対して、肺の血管を拡げるという作用によって治療をしようとするものです。 ところで、ED治療薬としてのシルデナフィルは、狭心症の治療薬であるニトログリセリン錠などの硝酸剤との併用は禁忌とされています。 これは、もともとシルデナフィルが狭心症の治療薬として開発がはじまったことにも関連していますが、併用をすると相乗作用によって急速に血圧が降下してしまい、副作用の危険性があるためです。

2019年08月12日
シルデナフィル服用は空腹時に

シルデナフィルというのは、世界ではじめて販売されたED治療薬のバイアグラに含まれている有効成分のことで、現在では同じ成分を配合した後発のジェネリック医薬品などもさかんに製造されており、そのなかにはシルデナフィルという成分名をそのまま販売名としているものもあります。 ED治療薬は、含まれている有効成分によっていくつかの種類がありますが、このシルデナフィルというのは、筋肉を収縮させてEDを引き起こしているある種の酵素のはたらきを阻害するような作用をもたらします。 そのため、服用してこの成分が体内に充分に行き渡れば、EDの症状を改善し、余裕をもってパートナーとの性行為に臨むことができるのです。 このシルデナフィルは、性行為のだいたい1時間前までに水で服用するのがよいとされていますが、同時に、その後に食事を摂取するのは望ましくないとされています。 特に脂質の多いカロリーの高いものは影響が大きく、せっかく服用したシルデナフィルが体内に吸収されるのが妨げられてしまい、効果が半減してしまうおそれがあります。 そのため、医薬品の説明書やパッケージには、食事とともにこのシルデナフィルを投与すると、空腹時に投与した場合と比較して、効果が発現する時間が遅れることがあるという注意書きがなされています。 その他、アルコールやその他の飲み物の摂取については、特に注意事項がないため、併用しても問題はないとみられますが、グレープフルーツジュースについて注意したほうがよいかもしれません。 グレープフルーツジュースのなかに含まれている果肉の成分の一種が酵素のはたらきを阻害するため、薬の効果が強く出すぎてしまい、副作用を助長するおそれがあるからです。

2019年07月26日