笑顔の男性

シルデナフィルは医療用医薬品になります。
ED治療薬の有効成分として主に使われています。
日本では医者の処方箋なしでは手に入れるのは非常に難しいです。
最近はインターネットによる個人輸入によって手に入ることがあります。
ぜひED治療薬のバイアグラを個人輸入して効果を確かめてみてください。
ただし個人輸入で手に入れたシルデナフィルについては、日本で販売されているものと全く同じ品質とはいえません。

シルデナフィルは血管を拡張させることによって、血流を良くする作用があります。
そして陰茎近辺の血流が良くなることによって、勃起を促す作用が知られております。
血管の拡張は陰茎の近辺だけでは起こらず、脳の血管を通じて身体中のあっちこっちで発生します。
身体のあっちこっちの血管が拡張しますので勃起不全だけではなく、
慢性心不全や肺高血圧症などと言ったほかの病気にもシルデナフィルは使われます。

ただし、心臓が弱い人がシルデナフィルを服用した場合、血圧が急激に低下したり心臓への酸素供給に異常が発生して、そのまま死に至る場合があります。
これは心臓が弱い人だけではなく、どんな人でも発生します。
心臓が弱い人はこれらの副作用がより発生しやいと言えます。
シルデナフィルの作用機構は、ニトログリセリンのような硝酸製剤と同じ様な作用機構になります。
服用によって、生じた急激な血圧降下が発生した場合、いったい何が原因で発生したかものなのか発生原因をしっかり確認しないと副作用発現時に、間違った対応を行ってしまいます。
もしかしたら間違った対応によって死に至るケースの方が多いと言えるかもしれません。

滋養強壮に効果があると言われるサプリメントや栄養ドリンクにもシルデナフィルそのものや、シルデナフィルと同じような成分を含まれていることが多いため気をつけてそのようなサプリメントを利用しないといけません。

記事一覧
シルデナフィルの長期的服用と抗胃潰瘍薬等の併用

ED治療の世界において、古くから利用されているのがシルデナフィルという成分を含む治療薬です。 シルデナフィル以外にもED治療薬はいくつか登場していますが、人によって薬との相性がありますので、比較的古いこのED治療薬は、現在においても有効な薬として、盛んに使われています。 シルデナフィルは正しく使えば、比較的安全な薬ではあるものの、ごくまれに服用をしたことで死亡するケースや、重篤な副作用が発生するといった報告も聞かれます。 そのような話題を聞くと、リスクの高い薬のように見られがちですが、これらの問題の殆どが、服用方法が間違っている、使ってはならない人が服用したことが原因です。 副作用として目の障害が発生する話も、よく聞かれます。 光が眩しい、色が変化して見えるなどです。 これらは割とよく起こる副作用で、ごく短時間であればあまり心配はありません。 但し、成分量が多すぎる場合が考えられますので、長期的に安全に服用するためにも、かかりつけの医師に相談しましょう。 薬が原因による目の障害に関しては、海外での臨床実験の結果、半年程度の長期的な使用であっても、被害がないことが分かっています。 他の薬との飲み合わせで心配がないもの、注意が必要なものがあります。 胃潰瘍などを患っている人は、抗胃潰瘍薬を服用しているでしょうが、この薬であればシルデナフィルと併用しても、特に危険がありません。 しかし、シメチジンという成分が使われた薬は血中濃度を変化させますので、併用は控えるべきです。 抗胃潰瘍薬とは違い、狭心症治療薬である硝酸剤は併用ができません。 併用した場合には、とても危険な状態になる場合がありますので、絶対に一緒に使わないようにしましょう。

2019年12月05日
シルデナフィル製薬会社の戦略、泌尿器疾患への応用

シルデナフィルは日本で最も高頻度に使用される勃起不全症(ED)の治療薬です。 勃起不全症に使用する製剤には、バイアグラという商品名がつけられています。 このバイアグラを製造販売している製薬会社は世界一の製薬会社ファイザーです。 ファイザーはシルデナフィルの他の疾患への応用を模索した結果、勃起不全症以外に、肺動脈性肺高血圧症の治療薬としての応用することができました。 バイアグラとは有効成分量が異なり、商品名はレバチオと名付けられました。 バイアグラには有効成分シルデナフィルを25mg、50mg含んだ製剤2種類が存在しますが、レバチオは20mg含有製剤が商品化されています。 シルデナフィルは血管内でホスホジエステラーゼVという酵素を阻害し、サイクリックGMP濃度を上げることにより、血管拡張作用を示します。 バイアグラは陰茎部の血管拡張をし、陰茎部の血流量を増加させることにより勃起を引き起こします。 一方、レバチオのターゲットは肺の末梢動脈血管であり、それを拡張させることにより、血管狭窄等により血行が悪化し、血管内圧が上昇していたのを改善し、肺水腫などを改善していきます。 このようにシルデナフィルには全身の血管を拡張させる効果があるので、あらゆる臓器の疾患を改善する治療薬としての可能性を有しています。 次なるターゲットとなる疾患は泌尿器疾患の前立腺肥大症です。 すでに類似の作用を有する、タダラフィルがザルティアという商品名で臨床応用されているので、有効である可能性は高いです。 前立腺肥大症に対する有効性も、血管拡張による前立腺組織への血流改善が関与しているのではないかと考えられています。 ただ低血圧、頭痛等の血管拡張作用による悪影響も忘れてはなりません。

2019年11月01日
狭心症が起きやすい季節

狭心症というのは、心臓の冠動脈が細くなってしまい、心臓の血流が不足することによって起きる病気です。 一般的には、心臓が活発に活動する運動時、その他運動とはいえないまでも、例えば坂道を上ったり急いで歩くときなど、心臓に負担がかかるようなことをしたときに、突然に胸の強い痛みにおそわれることがあります。 ただし、こうした心臓に負担をかけるような行為を止めれば、この痛みもしぜんと治まるというのも狭心症の特徴です。 狭心症には、実は症状が起きやすい季節というのも知られており、冬の寒い日などが典型的といわれています。 これは、家の中のような暖房の効いた場所から、急に外の寒い場所に出たときに、一気に血管が収縮するために血圧が高まり、心臓に負担がかかってしまうためです。 ただし、狭心症があまりにも進行してしまうと、季節などにかかわりなく、いつも心臓に負担をかける行動には注意しなければならず、そのためにニトログリセリンの舌下錠のような、緊急に発作を抑える効果のある医薬品を常用することになります。 ED治療薬のバイアグラや、そのジェネリック医薬品の成分として知られているシルデナフィルは、実はもとは狭心症の治療薬として開発されていたものです。 臨床試験の段階ではシルデナフィルに狭心症治療のための顕著な効果はなかったもの、EDが解消されるという別の効果が発見されたため、現在のようにED治療薬として普及するようになったのです。 なお、シルデナフィルと狭心症の治療薬を併用することは、こうした経緯からもすべきではないとされています。 両者の併用によって、急激に体内の血圧が下がってしまい、意識がなくなってしまうなどの大きな危険があるためです。

2019年10月01日
狭心症になる人の特徴

狭心症は、心臓の血管である冠動脈の血流が不足することによって、心臓の筋肉が酸素不足になるために起きる病気です。 その原因にはいくつかがありますが、一般的なタイプとしては、冠動脈の動脈硬化によって血管が狭くなってしまい、血流をせきとめてしまうというものが挙げられます。 このタイプでは、スポーツをしたときや、階段や坂道を登ったとき、急ぎ足で歩いたときなど、心臓に負担がかかる行為によって、胸の中心あたりが急にしめつけられるような痛みを覚え、少し休めばその痛みは治まります。 こうした狭心症になりやすい人には特徴があるといわれています。 例えば、糖尿病、高血圧、高コレステロール血症など、いわゆる生活習慣病にかかっている人がまさにあてはまります。 また、肥満、運動不足の人、ヘビースモーカーなども関連しているとされており、いずれにしても、毎日の体によくない生活習慣の積み重ねが、こうした狭心症のリスクを高めているといえます。 ED治療薬の成分であるシルデナフィルは、実は狭心症治療薬開発の過程でたまたま発見されたもので、ごく弱いものの、血圧を下げる効果も確認されているものです。 そのため、狭心症の人が発作を止めるために使用している硝酸薬、例えばニトログリセリンのようなものとシルデナフィルを併用するのは禁忌とされています。 硝酸薬には飲み薬のほか、スプレー、貼り薬、舌の裏で舐めるタイプの薬などもありますが、どのようなタイプであっても併用は認められません。 もし、このシルデナフィルと硝酸薬をいっしょに飲んでしまった場合には、有効成分が互いに効果を高める作用がはたらいて、急速に血圧が降下してしまい、人体に危険が及ぶ可能性があるからです。

2019年08月27日
狭心症の治療薬と開発されたシルデナフィル

シルデナフィルは、1998年にアメリカ大手製薬メーカーのファイザーから発売された、世界初のED治療薬・バイアグラに配合されている有効成分です。 このシルデナフィルという名前を冠したジェネリック医薬品などもその後他社から発売されているので、現在ではかなり入手する機会にも恵まれるようになりました。 このシルデナフィルには、血管の平滑筋とよばれる筋肉の収縮にかかわる酵素のはたらきを阻害する作用があるため、服用によって性器まわりの血管が拡がり、EDが改善されるのです。 シルデナフィルのED治療効果は、実のところ新薬開発の過程で偶然に発見されたものです。 もともとはファイザー社で狭心症の治療薬として開発していたもので、服用したときに血圧にどのように影響するかが注目されていました。 ところが、臨床試験の過程で、本来期待された効果はかんばしくなかったものの、EDのさまざまな症状が解消されるという、思わぬ効果が確認されたため、その後に研究を重ねて、ED治療薬としての製造・販売に至ったものです。 また、同じシルデナフィルを含有する製剤として、肺動脈性肺高血圧症を効果・効能としているものもあります。 これもメカニズムじたいは同じですが、肺の動脈血管の血圧が高くなる病気に対して、肺の血管を拡げるという作用によって治療をしようとするものです。 ところで、ED治療薬としてのシルデナフィルは、狭心症の治療薬であるニトログリセリン錠などの硝酸剤との併用は禁忌とされています。 これは、もともとシルデナフィルが狭心症の治療薬として開発がはじまったことにも関連していますが、併用をすると相乗作用によって急速に血圧が降下してしまい、副作用の危険性があるためです。

2019年08月12日
シルデナフィル服用は空腹時に

シルデナフィルというのは、世界ではじめて販売されたED治療薬のバイアグラに含まれている有効成分のことで、現在では同じ成分を配合した後発のジェネリック医薬品などもさかんに製造されており、そのなかにはシルデナフィルという成分名をそのまま販売名としているものもあります。 ED治療薬は、含まれている有効成分によっていくつかの種類がありますが、このシルデナフィルというのは、筋肉を収縮させてEDを引き起こしているある種の酵素のはたらきを阻害するような作用をもたらします。 そのため、服用してこの成分が体内に充分に行き渡れば、EDの症状を改善し、余裕をもってパートナーとの性行為に臨むことができるのです。 このシルデナフィルは、性行為のだいたい1時間前までに水で服用するのがよいとされていますが、同時に、その後に食事を摂取するのは望ましくないとされています。 特に脂質の多いカロリーの高いものは影響が大きく、せっかく服用したシルデナフィルが体内に吸収されるのが妨げられてしまい、効果が半減してしまうおそれがあります。 そのため、医薬品の説明書やパッケージには、食事とともにこのシルデナフィルを投与すると、空腹時に投与した場合と比較して、効果が発現する時間が遅れることがあるという注意書きがなされています。 その他、アルコールやその他の飲み物の摂取については、特に注意事項がないため、併用しても問題はないとみられますが、グレープフルーツジュースについて注意したほうがよいかもしれません。 グレープフルーツジュースのなかに含まれている果肉の成分の一種が酵素のはたらきを阻害するため、薬の効果が強く出すぎてしまい、副作用を助長するおそれがあるからです。

2019年07月26日